読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トサカはジャニーズをグラフで考える

気になることを詳しく知るためにはグラフで見てみるのが一番です。SMAP解散騒動をきっかけにジャニーズが気になり始めました。活動期間の長さ、シングル売上、Twitter上のトレンドなど、いろいろな数字を調べながらジャニーズをグラフで考えます。ブログを書いているのは遠藤セイジ、情報系の企業で働いています。30代後半、2児の父。

吾郎ちゃんについての大量ツイートが9月8日に起きていた理由とは?

前回までに調べてきたこと(まとめ)

SMAP解散が話題になる中で、嵐がSMAPの役割を担うのではと期待する声があります。過去の記事で嵐のメンバーの出演CMを調べてきて、前回は全メンバーの出演CMを比較しました。

endoseiji-infogram.hatenablog.jp

結果としては、相葉くんの出演が多く、またメンバーによって特徴的な分野が見られました(松潤の「美容・ファッション」など)。

ここでちょっと視点を変えて、ジャニーズの話題がTwitter上でどのように盛り上がっているかについて、グラフで考えてみようと思います。まずはSMAPから。調べてみると、吾郎ちゃんについてのツイートが9月8日に大量に起きていました。その理由とは・・・?

SMAPメンバーについてのツイート数を比べてみた

注目したのはツイート数です。出典はYahoo!リアルタイム検索、検索した日付は9月14日です。「ツイート数のピーク」を週間と月間で調べました。検索ワードにはフルネームを使いました(例えば「キムタク」ではなく「木村拓哉」で検索)。

グラフはこちら。

SMAPについての週間・月間ピークツイート(9月14日検索)

週間のピークは吾郎ちゃん

週間で見たときにツイート数が多かったのは吾郎ちゃんで、ピークがあったのは9月8日(木)でした。その日に何があったかというと、吾郎ちゃん出演のラジオ「STOP THE SMAP」(ストスマ)です。その日のツイートには、デビュー曲の「Can’t Stop!! -LOVING-」と9枚目のシングル「君は君だよ」の選曲が泣けるといったものが多く見られました。

泣けるというのはどういうことなのかなと思って調べてみると、選曲が吾郎ちゃんのメッセージだったのではないかとファンの間で話題になっていたようです。どういうことかと言うと、ラジオの放送日が9月8日、放送した2曲の発売日がどちらも9月9日だったので、デビュー日を大切に思う吾郎ちゃんの想いが隠されていたのではというわけです。それを放送中に気づくファンの皆さんの想いもすごいですね。SMAPがどれだけ愛されているかがわかります。

月間のピークはキムタク

 月間のピークが最も多かったのはキムタクで、ピークがあったは8月16日でした。なぜその日にピークがあったのかを調べてみると、その日は『週刊新潮』の発売日(8月17日)の前日でした。『週刊新潮』に解散記事が掲載されていたため、その内容を扱ったニュースが多く出ていました。そのニュースを受けたツイートがあったようです。

検索キーワードにフルネームと愛称のどちらを使うべきか

検索に使ったキーワードについて、検索にはフルネームを使いました。ただ、メンバーによってはフルネームと愛称でツイート数が大きく違っていました。

例えば「木村拓哉」と「キムタク」では週 間ピークでそれぞれ528件、523件と大きな違いが見られませんでした。ところが「中居正広」と「中居くん」では週間ピークでそれぞれ531件、 1,247件でした。つまり、愛称の方が多くツイートされていました。

Twitterは話言葉でつぶやかれることが多いので、メンバーによってはフルネームよりも愛称の方が現状を表していることがわかります。検索キーワードにどちらを使うべきか、もしくは両方を含めて調べるべきかなど、少し考えてみようと思います。

次回の予告

 次回は嵐についての話題がTwitter上でどのように盛り上がっているかについて、グラフで考えてみようと思います。また、今回のように来週もSMAPについてのツイートを調べてみようと思います。

endoseiji-infogram.hatenablog.jp

遠藤セイジ