読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トサカはジャニーズをグラフで考える

気になることを詳しく知るためにはグラフで見てみるのが一番です。SMAP解散騒動をきっかけにジャニーズが気になり始めました。活動期間の長さ、シングル売上、Twitter上のトレンドなど、いろいろな数字を調べながらジャニーズをグラフで考えます。ブログを書いているのは遠藤セイジ、情報系の企業で働いています。30代後半、2児の父。

KinKi Kidsの全シングル総売上を調べてみた

ジャニーズ KinKi Kids シングル

SMAP解散が決まり、SMAPの役割を担うのは嵐かKinKi Kidsのどちらになるのかと話題になっています。3グループのシングル売上を1年あたりで見ると、一番売上が高かったのは嵐だったので、前回は嵐の全シングル総売上を調べてみました。

KinKi Kidsのシングル売上をデビューから見てみる

今回はKinKi Kidsのシングルの売り上げを見てみようと思います。デビューシングル「硝子の少年」(1997年)から「薔薇と太陽」(2016年)までを並べてみました。売り上げ枚数と価格(税抜)、それらをかけ算した売上を計算しています。グラフはこちら。

Kinki Kidsのシングル売上

愛されるより 愛したい」が一番売れている

愛されるより 愛したい」が一番売上が高くなっています。売上枚数としてはデビュー曲の「硝子の少年」の方が約180万枚と多いのですが(「愛されるより 愛したい」は約160万枚)、価格が500円だったので売上としては低くなっています。この2曲の売上枚数が目立って多く、それ以降は段々と減っていく傾向がありますね。ただし、KinKi Kidsだけではなく、音楽業界でCDが売れない状況があるのだと思います(WikipediaCD不況」)。

個人的にはKinKi Kidsの曲と言えば、デビューしてから「全部だきしめて」あたりの曲が思い浮かびます。売上を見ると、大きくは外れていないのかなと思います。

売り上げ枚数はサイト「年代流行」さんの「KinKi Kids CDシングル売上枚数一覧」のデータを使わせてもらいました。価格はジャニーズ公式サイトのKinKi Kidsディスコグラフィーから。通常版と限定版で価格が違うものがありますが、計算には通常版の価格を使いました。

総売上は約160億円

全シングルの総売上は16,236,540,640円(約160億円)です。デビューから23年なので、総売上を23で割ると705,936,550円、1年あたり約7億円でした。

以前、ジャニーズのグループが何年活動しているのかを比べてみたことがあります(「SMAPなどジャニーズ歴代グループの活動の長さを比べてみた」)。そのときは解散していないグループが対象でした。次回は、解散したグループを含めて歴代グループの活動の長さを比べてみます。

endoseiji-infogram.hatenablog.jp

遠藤セイジ